実際の作業方法、ドアのデントリペア工具アクセス

デントリペアはへこみがどのパネルにあっても基本的にツールのアクセス方法は変わりません。
へこみの形状、場所に応じてツールを選択して梃子(てこ)の原理を使い裏から押し上げる、又は捻りあげることで徐々にフラットにしていきます。 通常のエクボ程度であればツールをうまく使いこなすことで力もそれほど必要ありません。
またメーカー、車種によっても構造が異なるため多くの知識、経験が必要とされるのがこのツールアクセス・・・と言えます。 それでは各パネルの基本的なツールアクセス等についてご紹介いたします。


ルーフのへこみを再塗装となると費用、日数もかかってしまうばかりか経年劣化による色変わり等も心配なところですね。
出来れば塗らずに直したい・・・。
ルーフに関しては自動車業界では一般的な認識となっています。
デントリペアが可能ならば・・・それに越したことはありませんね。


ルーフ(屋根)のデントリペア工具アクセス

ルーフ(屋根)のヘコミのデントリペア工具アクセス 基本的にはボンネットと同様ですがリペアするためにほとんどの場合ルーフライニング(内張り)の脱着が必須となります。
(別途脱着工賃がかかりますのでご依頼するショップにてご確認ください)



へこみが骨に掛かっていなければ、そのままツールで押して直します。 へこみが骨に掛かっていなければ、そのままツールで押してへこみをリペアします。
ツールの支点を取るために、骨などにフックを掛けてリペアします。



ルーフ先端部や淵に近い箇所で袋構造になっている箇所があります。 先端部や淵に近い箇所で袋構造になっている箇所はクリップの穴等を利用してリペアします。



補強の骨に掛かっている場合は、細い(薄い)工具で対応します。 へこみが骨に掛かっている場合は骨の隙間に入るツールを選択して捻り上げます。



デントリペア・プーリング技術へ すすむ。