デントリペア工具には、色々な長さ、太さ、形状のものがございます。

対応できるヘコミの大きさ

基本的には小さなエクボ状のヘコミです。
状況により大きなヘコミにも対応できる場合もあります。
デントリペア施工前 デントリペア施工後
      デントリペア施工前            デントリペア施工後


キズのあるヘコミ

デントリペアは基本的にはキズのあるヘコミには対応できません。
*鉄板、もしくは下地塗装が露出しているようなヘコミは・・・×
*表面的なキズもしくは飛び石による微細なキズ・・・○
理由は、外板の裏側から押し出すために、傷の部分から塗装の割れが生じ傷を広めてしまう恐れがあるためです。


修理可能なヘコミの場所

長野 デントリペア専門店 デントリペアViVid ドア、ボンネット、フェンダー クオーターパネル、ルーフなど、鉄またはアルミなどの金属部分。 条件はへこみの部分の裏側にツールの入るスペースがあること。
パネルごとの工具アクセスについては各パネルごとの実際の作業方法をご覧下さいませ。
又、デントリペア工具の入らない場所のリペアに関しましては、工具アクセスが出来ない場合の修理方法をご覧下さいませ。


修理不可能なヘコミの場所

*ドアの端の折込部分など、各パネルの縁の近い場所。
*ピラーやルーフサイド、袋状態の構造の場所などツールが入らない部分。
*構造的や形状的に硬い部分。
*バンパーなどのプラスチックやFRP製の部品、一部の車種の樹脂製フェンダー、樹脂製ボンネット、樹脂製ドア。
ただし、ピラーやルーフサイドなどは表面から引っ張り出すツールもあるので、リペアが可能な場合もあります。
袋状の構造の場所でも、見えない部分などに10ミリほどの穴を開け、そこからツールをアクセスしてリペアをする場合もあります。(お客様の了解を得て施工します)
リペアが出来る出来ないは、車種などにもより違いますので、微妙な場所の場合は最終的には作業者の確認が必要です。


デントリペアにかかる時間

愛知デントリペア専門店 デントリペア東海 通常のヘコミで1cm〜3cm程度で15分〜1時間程度〜2時間以内。
ヘコミの状態や場所等でかなり施工時間が変わります。
内張りやドアガラス、ドアハンドルの取り外しまたは、ルーフのヘコミの場合はルーフトリムを脱着すこともありますので、比較的時間がかかる付帯作業のある場合はその分もプラスになります。


ヘコミの見方・大きさの測り方へ進む